スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かわいさ満載
2009.12.01(Tue)
こんなの買ってしまいました。。。

日本と世界の猫のカタログ 2010年版 (SEIBIDO MOOK)日本と世界の猫のカタログ 2010年版 (SEIBIDO MOOK)
(2009/10/16)
成美堂出版編集部

商品詳細を見る


猫バカ☆全開な私ですが
そういえばこの手の本は買ったことがないんです。

いや、、ウチはいわゆる血統書付き(古ッ)とも暮していますが
特にそういう子がいい!という事ではなく
ただ、単に子猫を手に入れる方法が無かっただけなのです。


世間にはペットショップで生体を売買することや
ブリーダーという存在に対するいろいろな意見があるのも知ってますが
それについてはココでは語りませんし
語れるほど強い意見があるわけでもありません。あしからず。


今ならネット上の里親募集などでいろいろな事情の子猫(成猫)を探す事も出来るし
他にもいろいろ手立てがあることもわかります。


実家にいた頃など、猫を飼っている家が少なく
(野良猫にご飯をあげてる家はあったかも)
友達で飼っている子も、不妊手術などしていて子猫が生まれる予定もなく
公園などにも行かないので捨て猫を実際に見たことが無かったんです。


だいたい普段車で移動してばかりで歩いたりしないから
見つけようもないですよね。


結婚して、ネットを始めた頃に里親募集のサイトを知って
何件か問い合わせをしたこともあるのですが
すでに多頭飼いの家はNGと断られたり、共働きはダメといわれたり・・・


過去になにかトラブルがあっての事でしょうから、仕方ないですけどね。


そうこうしているうちにメインクーンというとっても可愛い猫種の存在を知って
偶然近所でブリードしているキャッテリーを見つけ
セビルとバジルがウチの子になってくれたんです。

で、さっきの本(ココまでが長い!)ですが

メインクーンのはじまりをみつける素敵な旅
マリー・アントワネットに愛された猫の真実

というタイトルに惹かれ買って見た次第です。。。
(表紙は何故かノルウェージャンフォレストキャットですが)


この本をみたあとに子猫をみちゃったら間違いなく連れ帰りそうなくらい
可愛い子猫(成猫も)いっぱいです。







Comment












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。