スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これだってエコ
2011.10.20(Thu)
寒くなってきたせいか、アッシュが珍しく毛布の上で寝てます。
008_20111018172935.jpg
一時良くなったんだけど、相変わらず鼻が詰まるようで
ちょっと苦しそうに寝てます。うーーん、可哀相。


007_20111018172935.jpg
良く見ると、足がヘン。


006_20111018172934.jpg
横向きで上になってる左足が下に入ってます。
やわらかいね~




さてさて、先日の渋皮煮。
もったいぶりながら美味しく(自画自賛)食べましたが
問題は残りのシロップ。
結構余ってて、もったいない!

ちょこっと再利用方法を調べたけど普通の砂糖水的に
煮物に使ったりしてる人もいましたが
我が家の場合香り付けに洋酒をいれましたので
クリームチーズに混ぜてみました。


001_20111018172934.jpg
冷蔵庫に残っていた約100gのクリームチーズを少しレンジでやわらかくして


003_20111018172934.jpg
残ったシロップを煮詰め
大さじ2くらいをクリームチーズと混ぜて

004_20111018172934.jpg
刻んだクルミと一緒に混ぜました。


混ぜた写真がないわ!

朝食のトーストに載せて食べてまーす♪
クルミ入れすぎたけど、ほんのり甘くて美味しいよん。

スポンサーサイト
渋皮煮つくったよ。
2011.10.11(Tue)
相変わらず多忙な母がせっかくただいた栗がもったいないから
渋皮煮でもつくれば?と私にくれまして。
・・・って言うか、母が渋皮煮を作ったなんて見た事も聞いた事もないんですけど?

ま、今はネットでなんでもわかるしね。

また作るかどうかは(作り終わった今となっては)謎ですが
メモ代りに。

世の中色々レシピがあるのでオイシイとこ取りにしました(笑




まず、鍋に入れ一晩水につけて鬼皮(つるっとした硬いところね)をやわらかくする。
その時に浮いてきたのは虫食いなど傷みがあるので思い切って捨てる。
2コ捨てました。

翌朝、あんまりやわらかくなってる気がしなかったので
そのまま一度沸騰させて冷まします。

その間に朝イチでホームセンターへ行って鬼皮むきを買って来ました。
003_20111011084947.jpg
400円前後。


栗の皮むきナイフ FS-06 全長145

栗の皮むきナイフ FS-06 全長145
価格:498円(税込、送料別)

これと同じか?


おお!100均でも!どのくらい丈夫かわからないけど充分かもね。



栗の皮むき DH-5376

栗の皮むき DH-5376
価格:661円(税込、送料別)

このタイプ、今度見つけたら買ってみようかしら。


上記のは鬼皮だけむけるもので
↓のは栗ご飯用とか甘露煮用に渋皮もくるりとむけてしまうので
渋皮煮には向いてません。




セビちゃんチェック!
002_20111011084947.jpg
1kg弱。上手くむけるのか?

せっせせっせと・・・・

写真ないけど、なんとか1時間かけてむきました(疲)

鬼皮をむいたそばから、水に漬けておいて渋皮の乾燥を防ぎます。
乾燥すると割れやすくなるそうです。

渋皮を傷つけるとそこからも割れやすくなるとか。
結構いろいろ大変。

でもO型の私がやることですから
5%くらい(テキトー)傷有りです。



それから数個、虫食い・・・・・
004_20111011084946.jpg
全部剥いてみたら穴あきとかヤメテ欲しい。


005_20111011084946.jpg
重曹を入れて茹でます。
かぶるくらいの水に大さじ1杯の重曹をいれて中火で沸騰させて
沸騰したら弱火にして栗がおどらないように10分ほど茹でます。

割れないようにとにかく静かに茹でるのがポイント。

いかにもポリフェノールという色です。
灰汁もスゴイ!

茹でてるうちに、余計なスジが取れてきます。
006_20111011084946.jpg
こんな感じ。

栗をザルに開けたりすると衝撃で割れ易くなるので
ザルは使わない方が良いようです。
私は使ったけど。

で、指の腹などで余計なスジをこそぎます。
008_20111011085045.jpg
私は新しい歯ブラシでやったよ。


重曹入のお湯を取り替えながら計3回茹でるので
1回辺りはそんなにシツコクこそぐ必要はありません。

あ!栗は常に水に漬けておきます。
割れちゃうから・・・


とにかく割れないようにする!

割れると何がモンダイか?と言うと
最終的に漬け込むシロップが濁るから・・・と言うこと。
濁ってもいいもーーーん。開き直り。


007_20111011084946.jpg
やってるウチにこういうのも見つかります。
明らかに虫の歩いた?跡・・・。もちろん見つけ次第捨てます。


あと2回同様に繰り返すと
009_20111011085044.jpg
割れてるのも結構あるよ。


018_20111011085126.jpg
粉々・・・。つまみ食いしました(笑


ここで栗の重量(815g)を量って
同量の砂糖(家にあったグラニュー糖)と
ひたひたの水を中火で沸騰させ、弱火で15分。

栗の重さは茹で始める前にはかるレシピもありましたが
忘れた(バカ)のでここで計量。
問題ありません。


ウチにはグラニュー糖かブラウンシュガーしかなかったんで
グラニュー糖でしたが
白砂糖やら三温糖やら色々なレシピがあったけど
好みでいいんじゃないでしょうか。

私はまたこの後に栗を取り出し

シロップに家にあった謎のブランデーを投入。
016_20111011085043.jpg
100ccくらいだったかな?もっとかも。
沸騰させて、アルコールを飛ばします。


栗をもどして一晩味をなじませます。
010_20111011085044.jpg
落としぶたしておきました。


半日がかりだよ~
途中ご飯食べながら11時から16時半くらいまでかかった。

大した作業はないけど一応火を使ってるし
2~30分おきに鍋を見ないといけなくて
何のなにかが出来るワケでもないのが難点


次の日、家にあったボンママンの空き瓶を煮沸消毒。
015_20111011085044.jpg
割れないか心配だったけど、大丈夫!

もっとちゃんとした容器なら長期保存もできると思うけど
少量だしあっと言う間に食べちゃう事でしょう。

でも、一応消毒。

017_20111011085043.jpg
一晩おいた栗をまた取り出して
ちょっとシロップの濁りが気になったので
漉してから軽く煮詰めました。

漉し器がないので、味噌漉しにキッチンペーパーを敷いて漉しました。


019_20111011085125.jpg
消毒した熱いビンに栗と熱いシロップ注いで軽くフタを閉めて
熱めのぬるま湯をいれた鍋に入れて火にかけ
沸騰したらフタをぎゅっと閉めて脱気。(ビンがアレなのでうまく脱気は出来ませんでした)
そのまま20分ほど火にかけて


020_20111011085125.jpg
出来上り!
割れがひどく崩れたのは食べちゃったけど
ビン3コ半くらいできました。
正味1kgあれば綺麗なのが4つくらい出来たかもね。

だいたい、渋皮煮を食べた事がないので正解の味なのか不明ですが
甘みも少なめ(800gも入れたのに!)でブランデーの香りがほんのりで
栗の味もちゃんとするのであっと言う間に食べちゃいますね。

初めてでもかなーーり美味しく出来たのですが
また作るかは謎です。

とりあえず漬けてみる
2011.07.08(Fri)
2~3日ぶりに暑い!湿気が!!!!

早朝、雨が降ったけど、予報はもうずーーーっと雨予報はないし・・・
南関東は梅雨明けでしょ?でしょ?



ずーっと欲しかった糸、買いました。
親切な人(笑)のつぶやきで割引&10倍Pと知りまして。


ベースの02番を8玉と、あとは実物を見て決めるポイント?用の色に03,05,08番。
08番は画像だとあまり好みではないので1玉。他は小物を編んでもいいかな~と3玉ずつ。


販売開始の時から気になってたのですが編みたいものが見つからず
小物ばかりじゃ進歩がないし、かとって凝ったのも編めないし。

ブログ徘徊中に発見した 海外パターンのコレ を編むことにしました!
6502番はピエロしゃんの02番と同じっぽいので02番
6508番は08番とは違う色に見えるんですけど、一応買って見ました。




本題。

オットが会社の人にヤマモモを頂いて帰ってきたので
とりあえず果実酒にしてみました。
002_20110708081946.jpg
左からヤマモモ、ジューンベリー、ブルーベリー

ヤマモモ約1kgにホワイトリカー1.8L、氷砂糖は少なめに100g。
レモンを入れ忘れたので今日買って来て2~3個入れます。


003_20110708081945.jpg
一晩でこれだけ色が出た!
量が少なかったので氷砂糖は跡形もなくなりました。

004_20110708081945.jpg
今年初めてこれだけ採取できた我が家のジューンベリー
ある程度たまるまで冷凍庫に入れておきました。

いつも留守にしている間に鳥たちに食べ尽くされてたのですが
今年は私が家にいるので、ゲット出来ました!来年はわからないから貴重品だよ!

ジューンベリー400gにホワイトリカー0.5L、氷砂糖50g
これにもレモン半個くらい入れよう。

005_20110708081944.jpg
ハハの家に行くたびに狩らされるブルーベリー。
これで1回分。大きめなざる1杯くらい採れます。

もらった苗木をテキトーに庭に植えたものらしく
狩りにくいったらありゃしない。
1.5m位にぼさぼさと伸びてますがかなり収穫できるそうです。

とりあえず冷凍しておいたものを漬けました。

ブルーベリー800g強、ホワイトリカー1.3L、氷砂糖50g(100かも)
これにもレモン入れます。たぶん1個半。

一度冷凍したもののほうが熟成が早いそうです。

どの果実も3~6ヶ月ほどで取り出すので
その時にジャムにすると2度美味しい!


ついでに、買いすぎて賞味期限までに食べ切れそうもないミックスナッツ
006_20110708081944.jpg
はちみつに漬けてみます。

プレーンヨーグルトやクリームチーズに混ぜると美味しいそうです。


ミックスナッツはいつもコレ。
素焼きなので、お菓子作りや料理にも使いやすいし
そのまま食べても油分・塩分は気にならないです。

でも、買いすぎたわ・・・



001_20110708081946.jpg
こないだのコとは違うっぽいトリさん。
今、我が家には食べられる実はないのよね~
シフォンケーキを作ったの
2011.05.18(Wed)
アリゾナ在住のChachaさんが
やたら美味しそうなシフォンケーキを焼いてて

別な料理に使う予定が、そのまま放置されていたレモンを使って
シフォンケーキを作りました。
006_20110518083709.jpg
こうやって逆さまにして冷ますのだよ。


ひっくり返すと・・・・



じゃーーーーん。
005_20110518083710.jpg
焼き目なし。
電子レンジでチンして作るタイプなのです。なんだかんだで10分もあれば出来ます。

シフォンケーキというより、蒸しパンっぽい。

でも、レシピ本にはシフォンケーキとかいてあるので
シフォンケーキなのです。



もう売っていないみたいだけど・・・
この本に載っているレシピだった。

そう、我らがオレンジページ。

電子レンジでお菓子が上手にできる

電子レンジでお菓子が上手にできる
著者:小田真規子
価格:680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


  

電子レンジでお菓子が上手にできる (オレンジページCOOKING)電子レンジでお菓子が上手にできる (オレンジページCOOKING)
(2004/05)
不明

商品詳細を見る





前に作った時は、焼き目こそないもののシフォンケーキな出来上りだったけど
今回はオリジナル(てきとーとも言う)でレモンの皮のすり下ろしと絞り汁を入れたので
生地が重くなってしまったようです・・・
008_20110518083708.jpg
美味しいんですが、シフォンケーキではないですね。はい。


今度はちゃんとした、焼くタイプのを作ります。



ま、レモンいりは自宅栽培中のレモンが出来たらね。
014_20110518085444.jpg
今年はつぼみがたくさん付いてるので期待度大!
良い香りだよ~~
デブのもと
2011.04.04(Mon)
ヒマにまかせてワッフル焼きました。
009_20110404090853.jpg
うーーーん、やっぱり新しいカメラは使いこなせてない。。。。。
しかし取説読んだり学ぶ気はない。


006_20110404090851.jpg
こないだ買ったCUOCAのミックス粉なので簡単です。


007_20110404090851.jpg
ワッフルに欠かせないかりかりのお砂糖、パールシュガー
賞味期限が切れてても気にしない。
だって未開封だし、砂糖だし。普通の砂糖には賞味期限がないよね?
家庭内消費なので、ヨシとしましょう!


004_20110404090853.jpg
生地はホームベーカリー(左)でこねたので簡単。
ワッフルはビタントニオ(右)に付いてた型で焼きました。


008_20110404090850.jpg
適当に生地を置いて(これはちょっと量が多いかも)
ぱたんと閉じて3分くらい焼くと・・・


005_20110404090852.jpg
出来た!簡単!
ちょっと焼きが足りないんでもう少しですけど。。。


010_20110404090939.jpg
ミックス粉400g使って
手のひら(私の)サイズで12枚ほど焼けました。


焼きたてホカホカの時か、1日置いて馴染んだのが美味しいです。
週末、食べ過ぎて(焼きすぎだ!)体重計に怒られました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。